天才二コラ・テスラにまつわる驚愕の都市伝説

天才発明家 都市伝説

皆さんこんにちは、こんばんは。
都市伝説ブロガーのルナです。 

皆さん、「発明家」と言われて頭に浮かび上がるのは誰でしょうか? 

やはり、1番多い意見はエジソンでしょうか。

実は、都市伝説の世界では天才の「二コラ・テスラ」が発明家として1番有名だと言われています。 

それ程、この天才発明家には沢山の都市伝説が存在します。 

エジソンVSテスラと言われる事もあります。

それほど有名な存在なのが「二コラ・ステラ」です。

本日はそんなニコラ・テスラについて紹介していきます。

天才二コラ・テスラにまつわる驚愕の都市伝説

1856年にクロアチアで産まれた発明家。

子供の頃からかなり変わっていたと言われています。 

幻覚や幻聴でどこからか声が聞こえてきて、その声にまつわるイメージがどんどん沸いてくるような少年でした。

幻覚と現実の区別がつかなくなってしまう程だったらしいです。

一見、精神障害のようなこの出来事も彼にとってはプラスだったようで、大人になると「脳」で想像した事が目の前に3Dとなって具現化したと証言しています。 

もはや人間ではないですよね。 

その為自実験も脳内だけで出来てしまったらしいです。

そんな彼は28歳の頃にアメリカに移住して「エジソン」の会社に勤め始めます。

しかし、良い方向には進まず、エジソンと考え方の違いに不仲になってしまいます。

彼が発明した有名なもの

1.交流電流
2.ラジオ
3.電動モーター
4.無線操縦
5.レントゲン 

どうでしょう? 

彼が天才なのがわかりますよね。 

交流電流に関しては、エジソンの研究と意見が対立しましたが、結果テスラが勝利し皆さんの家にもある「コンセント」となっています。

上記の発明は一部でしかありません。

その後、テスラはエジソンの会社を辞めて自分で研究をするようになります。 

ここからが面白い展開になっていきます。

フリーエネルギー

1901年に、テスラはあるとんでもないものを発明しようと試みます。

ニューヨークに「ウォーデンクリフ」という装置を設置して「世界システム」と名付けました。 

この装置は地球全体を胴体として、太陽と地球のエネルギーを利用して地球上のどの場所でも電気を発生させる事が出来るというものでした。

もちろん、「無料」です。

これがテスラの「フリーエネルギー」の発明。 

地球のエネルギーを利用するので地球どこでも無限に電気を生み出す事が出来る夢のような発明です。

これが実現したら、貧困の差なんて関係なく全ての人類がエネルギーを生み出す事が出来ます。 

しかし、現在はそんな世界ではありませんよね。 

皆さんお金を支払って電気を使用しています。 

そう、この発明は危険すぎると出資していた「モルガン」という男性が出資を途中でやめてしまったのです。 

資金が足りなくなったテスラは、途中で発明を断念するしかありませんでした。 

こうしてテスラの最大の発明は志半ばで終わりを迎えます。 

その後テスラの研究所が謎の火事に合うなどの事件まで発生しています。 

結局テスラはあまり評価される事なく障害独身として死んでいきます。 

華やかなエジソンに隠れてしまったエジソン以上の天才テスラ。

彼が表に出ないのは誰かの陰謀かもしれません。 

いかがでしたか? 

テスラについては他にもいくつか都市伝説が存在します。

気になる方は調べてみてくださいね。 

信じるか信じないかはあなた次第ですが、私たちの生活を豊かにしたテラスの存在をどうか忘れないでください。

記事を読んでいただきありがとうございました。それではまた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました